クレジットカードで失敗したこと

私は以前から支払いはクレジットカード払いで全てするようにしていて、光熱費から始まり被服費などでもポンポンとカードをきっていました。そんなある日ネットで懲りずにお買い物していると利用金額の限度に達していたのです。え?そんなに使っていたっけ?と冷や汗が流れました。怖くて調べてみると30万円も既に使ってしまっていたのです。これは本当に焦りました。月給より遥かに上で急いでクレジットカードを母親に預けて使用できないようにしました。自己管理が全くできていない事をこっぴどく叱られましてそれからすぐにクレジットカードを解約しました。今は心を入れ替えてお支払いの時は現金にして、家計簿をつけ始めたので、出費はおさまっています。みなさんがやりがちな失敗だと思うので気を付けていただきたいです。

高齢親にも便利なクレジットカード

最近は、コンビニやスーパーなど日常の少額決済でもクレジットカードを使えるお店が増えて便利ですね。使用頻度が増えて、ポイントも貯まりやすくなっています。さらにその貯まったポイントを、そのまま買い物に使えるのがありがたいです。昔、私がクレジットカードを持ち始めた頃は、ポイントをカタログの品物と交換するしかなかったり、そもそもあまり貯まらなくて、そのまま失効させてしまうことが多かったんです。私の親はクレジットカードに抵抗があったみたいで持っていなかったんですが、銀行のキャッシュカードにクレジット機能を付けることを勧められて持つようになったら、便利だねと気に入ってます。高齢になり、小銭の支払などが面倒になったのもあるようです。失くしたり悪用されないようには気を付けて欲しいですけどね。

クレジットカードの持つ枚数について

クレジットカードは、後払いになってきますので、買い物時に現金が必要ないです。その分、手軽に買い物ができます。そこで、1枚だけ持っていれば良いのか、それとも複数枚持つ方がお得なのかで迷う人がいます。クレジットカードを1枚だけ持っていれば、日常的な買い物を十分にこなす事は可能です。しかし、クレジットカードには、使える場所が決められている事があります。そこで、2枚持っていると、片方が使えない場合でも片方のカードが使える可能性があり、さまざまなお店で買い物する人は複数枚持っておく方が便利です。しかし、複数枚持っていても、すべてのカードが使えないお店もある可能性があります。そうならないために、きちんと利用できるお店を把握して、あなたが行くお店で常にクレジットカードを使えるようにどのクレジットカードを申し込むのかも大事です。

ネット時代のクレジットカード

クレジットカードは現金主義の方には特に必要が無いということも多かったのですが、最近ではクレジットカードを持つだけで様々な便利なサービスを楽しむことが出来ます。インターネットを通してのオンデマンドサービスなど様々なものを楽しむことが出来ますが、決済の際にはクレジットカードがマストになることも多く、持っていないとサービスそのものを利用出来ないということもあります。また銀行振込などその他の方法を利用すると決済出来る場合でも、インターネット上で完結するクレジットカードの方が便利で、さらに手数料などもメリットが多いということもあり、多くの方に支持されています。スマートフォンやタブレットなど様々な媒体が普及する中、ぜひ便利な生活のためにクレジットカードをおすすめします。

クレジットカードでお買い物がオフ

しょっちゅう利用するスーパーのクレジットカードが、お買い物が何%かオフされる、というのを聞いて、申し込むことに決めました。やはり、よく利用するお店のクレジットカードなら、ポイントが貯まりやすく得することも多いため、持っていて損はないだろうと判断したからです。結果、今まで通り現金で普通に買い物をするのと、そのスーパーのクレジットカードで買い物をするのだと、トータルで何千円かの差が出ているのが明らかになっています。毎回はほんの数%ですが、チリも積もればで、お得になる額は全然変わってきます。数軒のお店ではなく、一軒に絞ってしまってまとめ買いすると断然違うので、よく利用しているお店はクレジットカードを作ってしまうほうが得できると思いました。

外出先での支払いは、ほぼクレジットカードです

仕事上の付き合いで外食したり、ミーティングでホテルに呼ばれたりもします。そんな時は、クレジットカードがあって助かります。今までは、クレジットカードを使わずに現金支払いにしてたのですが、付き合いが多いと、財布の中を見て現金がないと、その都度、銀行のATMを探していたのです。最近でこそコンビニエンスストアでもATMがありますが、それでも、急な呼び出しの時などはATMに寄っている時間がないですから、クレジットカードがないと仕事の付き合いが出来ないです。いつも現金の有無をたしかめておかないといけないのは、万が一、現金がなかった時などは、支払いが面倒なことになります。クレジットカードの活用方法もだいぶ慣れてきたところです。

クレジットカードは年会費無料で持てて便利

最近はインターネットから申し込むだけですぐクレジットカードを持てたり、自宅までカードを郵送してもらえて迅速に発行してもらえるクレカも多いです。私はクレジットカードを選ぶにあたっては、年会費無料のものを選んだり、なるべく維持費が発生しないものを持つのがおすすめです。クレジットカードがあれば大きな買い物も、たくさんの現金を持ち歩かなくても安全に行うことが出来ますし、海外旅行でも面倒な両替の手間なく現金を沢山持たずにショッピングを満喫出来る利点もある上、支払い方法も一括だけでなく分割払いやリボ払いを選べる利点もあります。私は去年、電子ピアノを購入して20万円程度支払ったのですが、6回の分割払いにしたので無事毎月少額ずつ払うだけで済んで良かったです。クレカがあれば大きな買い物も無理なく快適に行えて、家計の出費も抑えやすいです。

クレジットカードはポイントが溜まって安心

個人的に生活するにあたって本当に欠かせないアイテムといえばクレジットカードです。クレジットカードを持っていなかった頃は、ネット通販をする度に銀行振込をしたりコンビニで支払いをしたり、三百円程度の手数料を毎回払って代金引換をする手間が苦痛でした。しかし、クレジットカードがあれば何度通販でショッピングしても支払いはたった一度に纏めることが出来て、月に一度の引き落とし日にまとめて払うことが出来ます。さらに、クレジットカードなら現金で払うのとは違ってポイントを沢山溜められるという利点があります。100円買い物をすると1円分のポイントが溜まるといった仕組みのクレジットカードも多く、現金で買い物をしたり公共料金など毎月の固定費を払うよりはるかに得で、節約も出来る利点があります。クレカがあればチケットの購入やネットでの有料コンテンツの課金なども大変スムーズで便利です。

便利すぎるクレジットカード

私がクレジットカードを作ってから一番役に立ったのは、海外旅行にいった時です。韓国に行った際、支払いをいちいち円からウォンに替えることで少しずつ手数料で損していました。それに、あまりわからない英語や韓国語で会話しなければいけないという地獄でした。しかしクレジットカードならその場でスマートに支払いを済ませるため、この手数料が気になりません。おかげで思いつくままに遊ぶことができました。これ以外にも、ネット通販をする際に、カードは一度入力してしまえば次の商品を購入する際も手間なく手に入ります。そのため、代金引き換えやコンビニでお代を支払うことや、割り勘するという面倒さがなくなり、お買い物がさらに楽しくなりました。

結婚したらクレジットカードの審査に通るようになった!?

私は結婚前派遣社員でした。そのためクレジットカードの審査に通らなかったことが何度かあります。ポイント還元率が高く、いいなと思うカードが作れずに残念な思いをしました。ところが結婚してからは一転しました。夫は公務員で収入は安定していますが、私は仕事はやめて専業主婦になりました。専業主婦なのでもちろん収入はゼロ。派遣社員で働いていたときより個人的には不利なのですが、結婚し夫が公務員というだけで、すいすいと審査に通るようになりました。さらに「カードの使用上限額をUPできます」というDMまで度々届きます。結婚をしたとはいえ、私自身の稼げる能力は変わっていないのに…と常々思いますが、世の中の仕組みがちょっと垣間見れたような気がしています。