高齢親にも便利なクレジットカード

最近は、コンビニやスーパーなど日常の少額決済でもクレジットカードを使えるお店が増えて便利ですね。使用頻度が増えて、ポイントも貯まりやすくなっています。さらにその貯まったポイントを、そのまま買い物に使えるのがありがたいです。昔、私がクレジットカードを持ち始めた頃は、ポイントをカタログの品物と交換するしかなかったり、そもそもあまり貯まらなくて、そのまま失効させてしまうことが多かったんです。私の親はクレジットカードに抵抗があったみたいで持っていなかったんですが、銀行のキャッシュカードにクレジット機能を付けることを勧められて持つようになったら、便利だねと気に入ってます。高齢になり、小銭の支払などが面倒になったのもあるようです。失くしたり悪用されないようには気を付けて欲しいですけどね。

クレジットカードの持つ枚数について

クレジットカードは、後払いになってきますので、買い物時に現金が必要ないです。その分、手軽に買い物ができます。そこで、1枚だけ持っていれば良いのか、それとも複数枚持つ方がお得なのかで迷う人がいます。クレジットカードを1枚だけ持っていれば、日常的な買い物を十分にこなす事は可能です。しかし、クレジットカードには、使える場所が決められている事があります。そこで、2枚持っていると、片方が使えない場合でも片方のカードが使える可能性があり、さまざまなお店で買い物する人は複数枚持っておく方が便利です。しかし、複数枚持っていても、すべてのカードが使えないお店もある可能性があります。そうならないために、きちんと利用できるお店を把握して、あなたが行くお店で常にクレジットカードを使えるようにどのクレジットカードを申し込むのかも大事です。

ネット時代のクレジットカード

クレジットカードは現金主義の方には特に必要が無いということも多かったのですが、最近ではクレジットカードを持つだけで様々な便利なサービスを楽しむことが出来ます。インターネットを通してのオンデマンドサービスなど様々なものを楽しむことが出来ますが、決済の際にはクレジットカードがマストになることも多く、持っていないとサービスそのものを利用出来ないということもあります。また銀行振込などその他の方法を利用すると決済出来る場合でも、インターネット上で完結するクレジットカードの方が便利で、さらに手数料などもメリットが多いということもあり、多くの方に支持されています。スマートフォンやタブレットなど様々な媒体が普及する中、ぜひ便利な生活のためにクレジットカードをおすすめします。